大蔵流狂言師 茂 山 千 三 郎 しげやま せんざぶろう(本名 同じ)


千五郎、七五三、あきらと共に花形狂言会で活動してきた経験を活かし、正邦、茂、宗彦、逸平、童司と共に、「心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修錬磨の会=通称TOPPA!」を主宰。若手として古典狂言の魅力をアピールしてきている。
その反面、他ジャンルの新旧芸術との交流を試み演出家としても活躍。デビュー作ミュージカルドラマ「ONATSU」では現代劇・オペラ・ミュージカル・狂言をユニットさせ好評を得る。2003年には「京都市交響楽団」とのコラボ「鐘の音」、2004年は『こんぺい糖』を成功させる。
「だんご聟」「都わたり」など、新作狂言の脚本も手掛け、独特の個性溢れる着眼点で、現代の風刺をうまく取り入れたその作品は、室町時代の庶民の中で伸び伸びと生き、創られてきた時代を偲ばせる。
2005年には環境問題に関心を持ち、新作 「流れ星-X 」を作り、愛知万博その他で発表し、各地エコロジー団体より上演の要請を受ける。

 2005年より京都府の学校教育派遣事業 "心の師匠(せんせい) 派遣 " の活動として、心の教科書(ノート)作成委員会に参加する一方、府下丹後地方や福知山などの小、中学校へ出向きワークショップと狂言公演を行っている。感受性豊な子供たちに身近に狂言を感じてほしい。という願いから、学校での狂言が自分のライフワークとなっている。

 狂言師として、海外公演も多数参加。又、近年、FM京都αステーションにてパーソナリティー、KBS京都テレビではキャスター、レポーターをつとめ、自分の域を広げると共に、最も古い芸能の狂言師が、最も新しい音楽や情報を流しつつ、国内はもとより世界の若者たちへ古典芸能“狂言”の魅力を紹介している。


●足跡 

1964年  9月4日 十二世 茂山千五郎の三男として生まれる
     2歳の頃より祖父 故千作(人間国宝・芸術院会員)及び、父千五郎(人間国宝
     ・芸術院会員)に師事
1967  「業平餅」の童(子方)で初舞台
1980  「三番三」を披く
1984  花形狂言会にて大曲「釣狐」を披く。同年 フランス スペイン 能公演参加
1987  ワシントン桜祭狂言公演参加
1988  オーストラリア能公演参加
1989  観世流能楽団世阿弥座 チェコ 東ドイツ イタリア 公演参加
1990  茂山狂言団 東南アジア 韓国 公演参加
1991  イギリスJAPANフェスティバル 梅若研能会能公演参加
1992  花形狂言会 世代交代のつなぎ役として若手の牽引役として企画・制作の仕事にあたる
1994  フランス・アビニオン演劇祭にメインプログラムとして招かれ「棒縛り」を演じる
1996  東ヨーロッパ公演参加
1997  ミュージカルドラマ「ONATSU」で演出を手掛ける
1999  「京都府文化奨励賞」受賞
2000  「花子」披く(於 2000年度茂山狂言会)
2001  新作狂言「だんご聟」を作・演出。古作「薬水」を復曲
2002  新作狂言「都わたり」を作・演出
2003  京都春秋座にて能・舞踊・平家琵琶・狂言のコラボ「源平の風」構成・演出
2004  「京都市芸術新人賞」受賞
2004  日本能楽会ニューヨーク公演に参加
2005  「狸腹皷」を被く TOPPA! FINAL公演にて


●近畿大学・聖学院大学 両大学非常勤講師


●レギュラー番組
 
 ・FM京都ラジオ αステーション 「αスイートカフェ」DJ
  日曜  9時〜
 
 ・京都チャンネル αステーション 「αスイートカフェ」
  水曜 21時〜
 
 ・KBS京都テレビ 「Live5」リポーター
  月曜 17時〜